自動車保険 安い

ダイレクト型自動車保険が安い理由

自動車保険を扱っている保険会社で、安い保険料で知られているのがダイレクト型保険会社です。
ダイレクト型自動車保険は、「通販型」とも呼ばれ、電話やインターネットを通じて契約者と保険会社が直接、保険契約を結ぶ形態の自動車保険のことです。
1998年に改正された保険業法によって、各保険会社が保険料を自由に設定できるようになって、急速に普及し始めました。

 

ダイレクト型自動車保険の最も大きな特徴は、保険料が安いことですが、その理由について解説します。
まず、自動車保険の保険料のしくみについてですが、「純保険料」と「付加保険料」の2つの要素から成り立っています。

 

純保険料は、契約者に対して保険金を支払うための原資に使われるもので、付加保険料は、保険金の支払い以外に必要な経費、広告費や人件費、代理店手数料、店舗経費など保険会社の運営費用に使われます。
ダイレクト型自動車保険は、電話やインターネットで契約、手続きを行っていますので、店舗を持たずに営業を行い、人件費も削減することができます。

 

契約者は保険会社と直接契約しますので、代理店手数料も必要ないため、大幅なコスト削減によって、付加保険料が安くなり、自動車保険の保険料が安くなります。
これまで一般的だった、代理店を通して保険会社と契約する代理店型に比べ、ダイレクト型は、安い保険料と契約の手軽さで人気を集め、現在は数十社の保険会社がダイレクト型自動車保険を販売するほど、拡大しています。